病院薬剤師と調剤薬局薬剤師とではどんなに違うの?

薬剤師のうち、半数以上は調剤薬局で勤務をしているとされています。
病院薬剤師の仕事は、入院している患者さんのための調剤や、患者さんへの説明などが主な仕事となります。
調剤薬局薬剤師の主な仕事は、処方箋を引き受けて調剤をすることです。
ただ、調剤だけを行うのではなく、患者さんにお薬の効能、服用上の注意、正しい保管方法などを伝えながら、お薬をお渡しします。
また、ドラッグストアで働く薬剤師もいます。
ドラッグストアのなかにも、保険調剤を行っているところもありますし、行っていないところもあります。
ドラッグストアでは、薬剤師が販売員としての役割を果たすこともあります。
病院薬剤師と調剤薬局薬剤師というのは「どちらが優れている」という問題ではなく、人によって「合う・合わない」ということがあります。
薬剤師転職で高収入を実現するには?