世界の介護保険はどうなってる?

これは介護保険制度の貴重な財源となっています。
(笑顔)介護保険料は、絶対に支払わなくてはなりませんよね。
そんな日本の介護保険制度と言うのは、ドイツの介護保険制度を基にしています。
それで作られたと言われています。
ご存知ですか。
世界中の問題として少子化、高齢化があります。
そんな日本がモデルにしたのがドイツの介護保険制度です。
それでは世界の介護保険制度はどうなっているのでしょう!?※ドイツでは、1995年から介護保険制度が施行されています。
施行された背景としては、高齢化率が高まってきたと言う日本と同じ現状があったようですね。
(汗)日本とドイツの決定的な違いと言えば、日本では施設などの介護サービスを利用することが出来るのに対してのみ給付されると言う方法です。
それに比べて、ドイツでは自宅介護をしている家族に対しても現金給付されると言います。
次にお隣韓国の介護保険制度についてですが、日本以上の高齢化率と言うこともあってつい最近の2008年から老人長期療養保険法と言う日本で言うところと介護保険制度が施行されることになりました。
日本の介護保険制度と同じようなのですが介護保険料を支払う年齢が45歳以上であること、要介護認定の基準が日本よりも厳しいと言うことです。
このようにまだまだ各国で介護保険制度が施行されて、高齢化社会を受け福祉に対する意識が高まっていると言うことを感じています。