交通事故の時、自賠責保険が必要?

「強制保険」と言われている「自賠責保険」があります。
今回は、これについて説明します。
参考にしてください。
自動車を購入すると強制的に入る事になる保険と言うのがこれです。
自賠責保険の加入が義務付けられていますが、交通事故により被害者が泣き寝入りすることがないようにと言うことです。
ですから、最低限の補償を受けることが出来るようにしようと国が定めたものになります。
※物損事故の場合は、適用外となります。
※(確認):自賠責保険の証明書は、車に積んでおかなければいけませんよ。
これを怠ると30万円以下の罰金になるので注意しましょう。
また自賠責保険が有効期限切れの場合においては、1年以下の懲役か50万円以下の罰金になります。
バイク、原付などにも自賠責保険の加入が義務ずけられています。
交通事故にあって、万が一加害者側が自賠責保険をかけていないことがあります。
ひき逃げされて相手の名前がわからないという場合もあります。
このような場合は、政府が自賠責保険と同額を支払ってくれますよ。
この政府保証を受ける場合は、最寄りの保険会社、あるいは農協共済の窓口へいって請求書を提出します。
しかし、政府保証では支払い条件が厳しいと言えます。
支払いに多少時間が必要なこともあります。
●自賠責保険の慰謝料については、傷害事故の場合1日あたり4,200円となっています。
●支払われる日数については、ケガの程度、治療にかけた日数などから考慮されます。
※限度額は120万円となっています。
<死亡事故の場合> 最高で3,000万円となります。
<介護を必要とするような後遺障害がある場合> 第1級には4,000万円です。
第2級には3,000万円です。
第1級が3,000万円となっています。
第14級の75万円までとなっています。
共済と生命保険の違いとは?金額と補償額は?【JA・コープ・国民共済】